スーツケースベルトは付けるようにしてください

そろそろスーツケースの買い換えをお考えですか?
それでは一緒に考えて見ましょう。

大きさやデザインだけではなく、機能的な面も考えながら、
あなたにぴったりのスーツケースを選びましょう。

基本的には、衝撃に強く、軽量で耐久性や走行性が良い
スーツケースを選ぶようにします。

大きさの目安としては5日までならSサイズ、
1週間程度ならMサイズ、それ以上ならLサイズというのが
一般的ですが、おみやげや着替えの量でも変わります。

素材でいうと、ハードケースは少々重いのが難点ですが
耐久性は高く、ソフトケースは柔軟性もあるし片側が
深いので奥行きのある荷物も入れやすいのが特徴です。

レンタルのスーツケースを利用した場合、1回借りると
送料も合わせると5,000〜7,000円のコストになるので、どうせならお気に入りのケースを買うことをお勧めします。

では、あなたにぴったりのスーツケースを選ぶ前に、
注意する点をいくつか挙げたいと思います。

大き過ぎるスーツケースは、運ぶのが大変なだけではなく、
荷物の重量制限などで余計なお金を取られることもあります。

値段については、高額なものほど耐久性が増し、
さらに高くなるとそこに軽さが加わってきます。

海外で購入したり、低価格なものは壊れた時の修理が
できない場合があるので気をつけてください。

空港での荷物取り扱いの際に、カギが破損して開いて
しまうことも考えられるのでスーツケースベルトを
使用するようにしてください。

圧縮袋を利用するなど、入れ方も工夫すると旅行も
楽になりますね。

あなたに最適なスーツケースを見つける

スーツケースってただの入れ物のようですが、
楽しい旅行をするためにはしっかりと選びたいものです。

大きさやデザインだけではなく、機能的な面も考えながら、
あなたにぴったりのスーツケースを選びましょう。

基本的なポイントは、丈夫でしかも軽い、
さらに運びやすいスーツケースです。

大きさは着替えの量によって変わりますが、
目安としては5日までならSサイズ、1週間程度ならMサイズ、それ以上ならLサイズになります。

素材には、ハードケースタイプとソフトケースタイプが
ありますが、不思議と日本人はハード、外国人には
ソフトケースが人気があるようです。

レンタルスーツケースを利用する手もありますが、
1週間借りると往復の送料も入れると5,000〜7,000円ほどかかりますから3回も使うと買うのと同じになります。

さて、あなたにぴったりのスーツケースを探すのに
気をつけなければいけない注意点がいくつかあります。

大き過ぎるスーツケースは、運ぶのが大変なだけではなく、
荷物の重量制限などで余計なお金を取られることもあります。

また、値段と機能は比例すると思った方が良いでしょう。
あまり安いものを買うとすぐに壊れて、
結局は損をすることになります。

海外で購入したものや低価格なものは修理がきかない
ものもあるので、安心できるお店で買った方が良いですね。

万が一、鍵が破損した場合も考えてスーツケースベルトは
付けておくことをお勧めします。

パッキングのコツとして、しわが気にならない衣類は
巻いて棒状にしたり圧縮袋に入れるとコンパクトになりますよ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。